最近インターネット上で公開出来ない「未公開物件」が増えてきています。
「未公開物件」とは売主様や売却依頼を受けている不動産会社様の事情でインターネット上で一般公開を許可して貰えない物件情報のことです。
不動産を探す場合、インターネットで検索をされている方は、この数年で増加を辿る状況です。
しかし、ここ数年で新聞広告やインターネット上での公開が出来ない、いわゆる「未公開物件」がかなり多くなってきています。
不動産業界では、今まで秘密物件として、一般流通する前の情報をいち早く、探されているお客様へ情報提供し、成約につなげていた方も少なくありませんでした。
インターネットの普及に伴い、紙面媒体を主体とした広告は問い合わせが少なくなり、インターネットを主体とした不動産会社が多くなりつつあるにもかかわらず、インターネット広告不可という事です。全国的に見ても各不動産会社各社では流通してはいるものの、「紙面広告不可・インターネット掲載不可」の「未公開物件」は、以前に比べても増加しており、インターネットで物件検索されるお客様にはご不便をおかけしております。
そこで、「未公開物件」とはどのようなものなのかをご説明いたします。
不動産を売却されるお客様が、様々な理由等で依頼した不動産業者に「公に公開しないで売って欲しい」とされる場合があります。その理由の例として
経済的理由や相続関係で、売りに出している為、近所に知られたくない。
住み替えを考えているが、まだ意中の物件が見つからないために積極的に販売活動をされると、住み替え先の物件もまだ見つかっていないのに買い手が付いたら出て行かなくてはならなくなると考えている。
商売をしている関係上、家や土地を売りに出している事が、近所の人や知り合いや取引業者に知られると「商売が上手くいってないんじゃないの?」と、勘ぐりを受けるのが嫌。
住みながら売りに出していると、買主候補者が案内されて家を見に来て気を使うので、引っ越ししてから案内して欲しい。
などの理由があります。
売却依頼を受けた不動産業者は、売主様の立場を考えれば、希望の売却条件で、すぐに売却出来る事が一番望ましいはずです。ところが、不動産業者としての立場では、一般公開する前に自社でお客様を探せば仲介手数料を売主様・買主様双方から仲介手数料がもらえるのです!つまり両手数料を狙って物件情報をオープンにしたくないわけです。
未公開物件とは言え、取引は可能です。制限を受けるのは紙面やインターネット上に公開する事だけなので、御来店いただいた御客様や、特定の御客様に直接物件資料をお渡しする事は可能になります。ご来店いただければ、未公開物件情報をご覧いただけますし、御紹介も可能です。しかし、一般の方の中には、

「不動産会社に入るのはなんだか怖い…」とか、
「だまされて、変な物件を押しつけられるのではないか…」とか、
「いろいろ条件を出したら嫌がられないだろうか…」とか、
「断ってもしつこく連絡されるのではないか…」とか、
不動産会社にマイナスイメージを持たれている方もいらっしゃると思います。

「出来れば不動産会社には行きたくない…」
そのような方に、どうすれば来店頂かなくても非公開物件を見ていただけるのか?
それを可能にするのが「希望条件登録」です。実際にご来店頂いただかなくても「希望条件登録」をされることで、当社の店舗にご来店頂いたと同じように、非公開物件を含む全物件を御紹介が可能となり、購入も可能となります。
Copyright(c)2009 kyousei Co. AllRights Reserved.